金貨のグレード保証

初めて金貨を購入する際、どういったポイントをチェックするべきでしょうか。金貨は、傷や変形などしていると価値が下がってしまいます。金を購入する際、実際に傷などがないか確認する必要があります。そして、金の純度が99.99%のものでなければ純金としての価値は下がってしまいますから注意が必要です。

鑑定また、金貨には、その品質を保証するグレードがあります。金貨を購入する際は、グレード保証について頭に入れておく必要があります。品質保証のある金貨には、アメリカコインの鑑定機関であるPCGSとNGCのどちらかの鑑定保証が付いています。PCGSは、正しい目利きを持った専門家による公平な品評と認証を行うことにより、金貨の価値を保証し、知名度と鑑定実績が豊富さが特徴です。そして、NGCは、専門家による高い精度を持った鑑定で金貨の価値を保証しますが、PCGSでは取り扱いのない中世以前の古代コインの取り扱いも可能であるのが特徴です。これらの第三機関による鑑定は、最高品質の証しとなります。

鑑定された金貨やコインには、ケースの上に鑑定シールが貼られています。鑑定シールが貼られている金貨であれば、グレード保証がされていることがわかります。グレードは70段階程に細かく分かれていますから、金貨の基準価格を判断する材料となります。PCGSとNGC以外の鑑定シールが貼られている場合もありますが、販売店などが勝手に貼っているものである可能性がありますので、注意が必要です。